ほほえみサポーター

腎臓病向けのたんぱく制限食、糖尿病向けのカロリー制限食、塩分制限食を宅配いたします。

カートを見る

人工透析の食事療法

人工透析の食事療法をご紹介します

 透析治療が調節してくれる範囲以内で食事することにより、長期の透析においても合併症の予防をしてより良い状態を保つ事が大切です。

血液透析を始めたときの食事管理は おこなう前より蛋白質の制限は解除されますが 尿量が減るため「減塩・カリウム・リン・水分」は厳重に制限されます。腎臓が排泄できる能力によりその範囲で食事をすることを心がけます。

透析食では大きく以下3つのポイントを注意しましょう。

  1. 必要なエネルギー量をしっかり確保する。

  2. たんぱく質を適量とり、塩分や水分を抑える。

  3. リンやカリウムのとりすぎに注意する。

1. エネルギー

 必要なエネルギー量としては、標準体重1Kgあたり約30Kcalです。

体重50Kgの人であれば1,500Kcalですが、体格や労働量などで、違ってきますので、医師の指示を受けましょう。

2. たんぱく質と塩分、水分

 肉類や魚介類、卵、乳製品は血液や細胞作る大切な良質たんぱく質ですので、1日のたんぱく質摂取量の約1/2を取るように心がけましょう。

塩分を控えるようにしましょう。味見をして薄いと思うくらいでちょうどいいのですが、なかなか難しいものです。だしの旨みを効かせたりして減塩を工夫しましょう。

市販の食品はナトリウムの表示しかなかったりします。以下の様な計算式で換算します。

[ナトリウムの計算式]

塩分相当量(g) = ナトリウム(mg) × 2.54 ÷ 1000

3. リンとカリウム

 加工食品には、リンが多く含まれていますので、なるべく控えましょう。

カリウムは、水に溶ける性質があるので、いも、野菜、果実、海藻などは水のさらしたり茹でこぼしたりして減らすことが可能です。

人工透析の食事療法にお勧めの商品

  • たんぱく調整食20g(人工透析向けの食事)

    たんぱく質や塩分、カリウムを制限した人工透析向けの食事です。

各種ご案内

各種SNS

ページのトップへ戻る