ほほえみサポーター

腎臓病向けのたんぱく制限食、糖尿病向けのカロリー制限食、塩分制限食を宅配いたします。

カートを見る

糖尿病の食事療法

糖尿病治療のための食事

 糖尿病の食事療法は、良好な血糖コントロールをしながら様々な合併症を防ぐことにあります。それにはまず適正なエネルギー量の食事をとることが大切です。

糖尿病では膵臓が疲弊しているため、分泌されるインスリンの量が限られています。この状態で多量の食事をとると、膵臓はさらにインスリンを分泌しようととしてどんどん弱っていきます。また肥満しているとインスリンの効きが悪くなります。

この適正な1日の摂取エネルギー量は、人それぞれに年齢、体重や日々の過ごし方、労働量などで違いますので、主治医や管理栄養士と相談の上決めることも大切です。

適正な摂取エネルギー量の計算方法

[一日分の摂取エネルギー量]

標準体重(BMI方式)(kg) × 身体活動量(kcal/kg) = 摂取エネルギー量(kcal)

[標準体重(BMI方式)]

身長(m) × 身長(m) × 22 = 標準体重(kg)

なお、身体活動量の目安は以下の通りです。

やや低い(デスクワークが主な人・主婦) 25~30kcal/kg標準体重
適度(立ち仕事が多い職業) 30~35kcal/kg標準体重
高い(力仕事の多い職業) 35~ kcal/kg標準体重

(例)身長170cmで身体活動量がやや低い場合の人の 適正な摂取エネルギー量は以下の通り計算できます。

    1.7m × 1.7m × 22 × (25~30)kcal = 約1600~1900kcal

必要な栄養素

 健康を保つためには様々な栄養素が必要です。エネルギーのもととなる栄養素は、炭水化物、脂質、たんぱく質です。たんぱく質は筋肉や臓器など人体の構成には必要な働きをします。また身体の働きを正常に保つためには様々なミネラルやビタミン等が必要になります。

血糖値をよくする

 血糖値に影響をあたえる栄養素は、炭水化物が主ですが脂質とたんぱく質も影響を与えます。

炭水化物の糖質は食後に血糖値の上昇につながります。食べ過ぎは禁物です。食物繊維は消化吸収されないので食  後血糖値を上げずに血糖値の上昇を抑える働きがあります。

脂質は食後の血糖値を上げる原因ともなりますので、食べ過ぎない様に注意します。

合併症を防ぐ

 糖尿病では三大合併症を防ぐことが求められます。それは糖尿病網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病神経障害ですが、それに加えて動脈硬化の危険因子となる高血圧、脂質異常症の予防にも心がけます。

高血圧があると網膜症や腎症、動脈硬化の危険が増しますので、高血圧の予防として食塩の摂取を抑える事が必要です。また脂質異常症も同様ですのでこれも予防としてコレステロールや飽和脂肪酸の多い食品を控えます。

バランスの良い食事

 バランスの摂れた食事とは脂質、たんぱく質、糖質を欠かすことなく摂取することです。

糖質・たんぱく質・脂質は 私たちが活動していく源となる栄養素です。またそれらを 体の中に取り込んだり 体の働きを円滑におこなうためにはビタミン・ミネラルが欠かせません。

それに加えて食物繊維を摂ることが大切です。食物繊維には食後の血糖値の上昇を抑え、血中コレステロールの上昇を防ぐ作用も水溶性食物繊維には含まれます。

治療の基本は食事と運動

 血糖値は下げるではなく、コントロールすると言う事です。なぜなら血糖は大切なエネルギー源でありそれが体中で効率よく使えるようになって改善するからです。下げ過ぎると体に害が生じます。

食事療法で健康な生活を営むことのできる必要十分な食事量にします。そして運動療法でエネルギーをより多く消費し、エネルギーを消費しやすい体を作ることです。運動療法による効果は、インスリンの感受性の向上です。運動療法では、全身運動が最も適していますが、適切な強さの運動をすることが大切です。食事療法だけの治療より運動療法もする方が血糖コントロールの改善かよいと言えます。

糖尿病の食事療法にお勧めの商品

  • カロリー調整食200(糖尿病向けの食事)

    カロリーや脂質を調整したエネルギー調整の糖尿病の食事です。

  • カロリー調整食240(糖尿病向けの食事)

    カロリーや脂質を調整したダイエットや糖尿病の食事です。

各種ご案内

各種SNS

ページのトップへ戻る